驚くほどの勢いで医療技術は進歩している

日本は超高齢化社会に突入しており約4人に1人は65歳以上のお年寄りなので社会保険にかかるお金が相当でありそれが国の財政を圧迫しているのですが、だからと言って医療の進歩を等閑にする訳には行かないです。
両親には長生きして欲しいと思うのは当然のことでありそのためには医師にしっかりと診てもらいたいと思うので、医療の急速な進歩は大変有難いことです。
例えば一昔前までは癌になったら助かる確率はかなり低く完治するのは至難の業であったために、癌になった場合には本人に告知しないケースが大半でした。
しかし今では膵臓癌など一部の癌を除いては手術をすれば治る確率が高くなり発症してから数十年経っても生きていける人が増えているので、癌になったからと言って落ち込むことは一切ないです。
これも医療技術の急速な進歩の賜物で一昔前までは治るのが難しかった病気を完治することも可能になったと言うことで大変画期的なことですが、これから先このような技術の進歩は益々発展を遂げると考えられています。