食中毒を予防して被害にあわないようにしましょう

毎年のように、テレビニュースでは夏の時期になると食中毒被害がでたと報道されるようになりました。
食中毒の原因となる細菌やウイルスは、つけない、増やさない、やっつけるの3つの3原則が大切です。
特にも、食中毒の原因となるのは火を入れていない生のままの肉や魚などの魚介類です。
今では、貝毒といった貝の毒により取った貝が食べられない事態が発生しています。
安易に口に入れると、身体に異常をきたしますので食べ物を食べるときには細心の注意が必要です。
また、すぐに食べない場合には保管場所にも注意が必要です。
日の当たる温まる場所は避けて、冷たくて暗い場所、冷蔵庫に入れることが良いです。
腐敗したものに他の食品が触れると、その食品も腐敗しますので冷蔵庫内は清潔を心掛け保つようにしましょう。
大部分の細菌は、75℃以上で1分間加熱すると死滅しますので、生食は避けて火を入れて食べるようにしましょう。
今年の夏も注意が必要ですから、食べ物には十分気を払い被害にあわないようにしましょう。

プライバシーをお守りする婦人科

小田原で山本眼科医院は長年にわたって診療を続けている眼科です

みなとデンタルクリニック
当院では虫歯などの一般歯科治療からインプラントや矯正などの専門的治療まで幅広い治療を行っています。

小児専門ドクター在籍

美しく健康な歯を維持する歯科治療のご提供