緑内障は早期発見して早期治療する

緑内障というとあまり自分に関係ないと無関心な人も多いのです。
しかし緑内障は日本人の失明の原因のトップになっていて、40歳以上の人で約5パーセントの人がこの病気にかかると言われています。
そして治療せずに放置しておくと次第に目が見えなくなるので、早期発見早期治療が大切なのです。
緑内障で一度視力が失われると回復することは不可能なので、定期的に眼科で検診を受けることです。
緑内障のやっかいなところは、初期は自覚症状がないことです。
そのため本人が気がつくことは少なく、相当悪くなってからわかるということが多いのです。
緑内障を早期発見するには眼科で視力検査や眼圧検査や眼底検査を受けて、異常があればすぐに治療することです。
40才を過ぎたら検査を必ず受けることをおすすめします。
緑内障の治療は症状の進行を食い止めることが中心になります。
そのため眼圧を下降させていきます。
その方法としては点眼薬を使って、眼圧を下げていきます。