近年、日本人の3人に1人が羅患しています

近年、日本人の3人に1人が羅患している病気にアレルギー疾患があります。
花粉症、喘息も含まれていて、年々増加傾向にありますので、現在何のアレルギーを持っていないかたでも注意が必要です。
症状は、特に目、鼻、喉に現れて悪化すると、器官支や胃腸にも症状が出ます。
原因は、免疫機能のバランスが崩れることで、体外からの物質への免疫反応が過剰になり、花粉や食べ物、ハウスダストなどによりアレルギー反応が起こります。
アレルギー症状を引き起こす病気には、花粉症、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、喘息があります。
予防方法として、医療機関でアレルゲン検査を受け、特定のアレルギー反応が起こる物質を調べることです。
そして、そのアレルギー症状が起こるアレルゲン物質を避けることにより、アレルギー症状は起こることはありません。
特に、春の時期は花粉症の症状に悩まされているかたもいらっしゃることとおもいます。
外出時はマスクやゴーグルを着用して、帰宅したらうがい手洗いをして、花粉を落としてこまめに室内を掃除するようにしましょう。